『ヨッシーストーリー』 - レトロゲーム冒険記! 



スポンサードサーチ

『ヨッシーストーリー』

rezsbfdxbfdx.jpg

1997年12月21日に任天堂より発売されたNINTENDO64向けコンピューターゲーム
『ヨッシーストーリー』

『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』の後継作品とされているが、
共通している設定はヨッシーが主人公のアクションゲームという点のみで
ストーリーの繋がりは全くなく、ゲームシステムも大幅に異なる。

縦横スクロール型の2Dアクションゲーム。プレイヤーは様々な色のヨッシーを動かし、
ヨッシー達の幸せの源である「スーパーしあわせのツリー」を盗んだボスの
ベビークッパを倒すのが最終目的。
ボスにたどり着くには、ストーリーモードで合計6つのステージをクリアしなければならない。

各ステージにはゴールが存在せず、ステージ内に多数配置されているフ
ルーツを合計30個食べることでステージクリアとなる。

ゲームには6つのワールドが用意されており、さらに各ワールドには4つのステージがある

『ヨッシーアイランド』が平面的な落書き風のグラフィックで表現されているのに対し
、本作の世界観やステージは工作・手芸で作られたような
立体的かつ写実的なグラフィックで表現されており、
「割れ物注意」のマークなどが印刷されている
ダンボール、新聞紙、布、毛糸、風船、粘土など、普段目にする物が
ステージの背景の一部になっている所もある。

通常のボスまでの道のりを攻略する「おはなしモード」の他に、
一度クリアしたコースを遊べる「トライアルモード」と、
基本操作を覚えるのに最適な「れんしゅうモード」がある。
トライアルモードでアイテムや敵の場所などを把握しておくと、「おはなしモード」攻略が楽になる。

ストーリーは
いたずらっ子のベビークッパに大切な「スーパーしあわせのツリー」を奪われた上、
ヨッシーたちの島を絵本の世界に変えられてしまった。
スーパーしあわせのツリーがないせいでヨッシーたちはみんなヘナヘナ。
そんな中、6つのタマゴから元気なちびヨッシーが産まれた。
大好きなフルーツを食べて幸せになれば、
みんなも幸せになるに違いない。ちびヨッシーたちの冒険が始まった。

世界観が可愛らしく独特な世界観があります。
味のあるグラフィックです。














ゲームレビュー ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント