『ウィザードリィ』 - レトロゲーム冒険記! 



スポンサードサーチ

『ウィザードリィ』

nklhjnbvnbhgnjn.png

1981年に米国のSir-Tech社からApple II用ソフトウェアとし
て発売されたコンピュータ・ロールプレイングゲーム

『ウィザードリィ』

かの有名な大作RPGドラゴンクエストシリーズ」や
「ファイナルファンタジーシリーズ」にも影響を与えた作品だ

主観視点で表現される迷宮を探索し、目的の達成とキャラクターの成長を楽しむ事が出来
戦士や盗賊、僧侶、魔法使いといった、異なる能力を持った最大6人のパーティを組み、
3D表示された迷宮を探検するのが基本のスタイルである

拠点となる街は文章で表示され、あくまでメインはダンジョンに探索なる
世界観やシナリオは、基本的に従来のテーブルトークRPGの流れを汲むが、
ウィザードリィはさらに独自のネタを追加し、モンスターやアイテムに各地の神話、SFを
盛り込んだものとなる。

種族により特色が異なり
人間(human)
ヒトと同一の特徴をもつ種族。
総合的な能力値は五種族の中で最も低いが、能力値のほとんどが高いレベルで平均的。信仰心のみ低い。
僧侶以外の職業であれば無難にこなせる。以降では信仰心もそれなりにある。
エルフ(elf)
美しい外見を持つ種族。
知恵があり信仰に篤(あつ)い上に身軽だが、脆弱(ぜいじゃく)で運に欠ける。
魔術師や僧侶に高い適性があるが、戦士についての適性は低い。
ドワーフ(dwarf)
背丈は低いが、筋肉質の種族。
力や生命力に優れ、信仰心にも素晴らしい素質を持つが、鈍重で運が低い。
戦士・僧侶などに向いているが、盗賊の適性はない。
ノーム(gnome)
ドワーフとよく似た小さい種族。『Wizardry Online』ではヒツジやヤギのような角がある。
能力値はバランスが良く、特に信仰に篤くて身軽。
僧侶に高い適性を示すが、他の職種もほぼ問題なくこなせる。
ホビット(hobbit)
一番小さな種族。
総合的な能力値は5種族の中で最も高いが、脆弱で非力。その反面非常に身軽で高い幸運と、振り分けがかなり偏っている。
盗賊には高い適性を示すが、それ以外の職業の適性は低い

となっており自分の好みに合わせ作成することが可能である



jbgfudnbjk nvckbvcf
性格というシステムもあり
善 (good)・中立 (neutral)・悪 (evil) の3種類から1つを選択することができる。
性格によって、就くことのできる職業や装備できる品に制限が掛けられている。
善と悪のキャラクターが同じパーティに参加することはできない。ただし迷宮内で合流することは可能であり、この方法で善悪混合のパーティを組成することは可能である。
善と悪のキャラクターは冒険中に時折出会う「友好的な魔物(達)」への対応によっては善悪が逆転する場合がある。中立のキャラクターは変化しない。

などのシステムがありかなり作り込まれている。
RPGの基礎ともいえる今作は是非プレイに値する作品である。












ゲームレビュー ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント